転職後、最初のボーナスは?

最初のボーナスっていくらもらえるの?ベストな転職のタイミングとは

ボーナス支給の条件

ボーナス支給の条件

ボーナスがもらえる職業へと無事転職が成功したとしても、思い描いているようなボーナスが支給されるのはしばらく先になります。楽しみにしていたボーナスでショックを受けないためにも、初めてのボーナスについて知っておきましょう。
ボーナスの支給条件には査定期間があります。いつからいつまでが査定期間になるかはそれぞれの会社が決めることですが、夏のボーナスは前年の10月から3月まで、冬のボーナスは4月から9月までが査定期間となるのが一般的です。4月に入社した場合、冬のボーナスは満額支給されることになりますが、夏のボーナスは査定期間ゼロなので支給なしになるでしょう。査定期間の半分は在籍していたということなら、満額の半分が支給されます。
どのタイミングで入社するにしても、直近のボーナスまでの間の査定期間は短いはずなので、最初のボーナスは少ないかないかのどちらかだということを覚えておいてくださいね。

初めてのボーナスはいくらになる?

夏のボーナスは7月、冬のボーナスは12月に支給される場合で考えてみましょう。入社月が4月から7月だと最初のボーナスは7月ですよね。7月のボーナスの査定期間は前年の10月から3月なので、査定期間ゼロでボーナスもゼロです。入社月が10月から12月だと最初のボーナスは12月なので、同じくボーナスはゼロです。入社月が1月から3月だと、ボーナスは半額支給です。8月入社の場合、査定期間のうちの2ヶ月は在籍していることになりますよね。この場合、2ヶ月分のボーナスが支給されるということになるのですが、会社によっては在籍期間が査定期間の半分以上ある場合にボーナス支給としていることもあるので、必ずしもボーナスが支給されるとは言いきれないんです。

満額もらえるのはいつから?

待ちに待った満額ボーナスがもらえるのは、入社してから2回目以降です。査定期間すべてに在籍していれば満額支給のための基本条件はクリアです。5月、6月、11月、12月入社の人は2回目でもまだ基本条件をクリアできていない状態ですが、会社によってはそれでも2回目は満額支給することもあるようです。

ボーナスの観点でいくといつの転職がベスト?

ボーナスのことを考えて転職するとなると、時期を考えたほうが良さそうだということがわかりました。ではいつがベストなのでしょうか。
1回目から半額支給を目指すなら1月がベストです。2回目にはもちろん満額支給の条件をクリアしています。ただ、ボーナスばかりに気を取られているとかえって損をしてしまうこともあります。例えば、転職してボーナスが倍になる予定ならば給与も増えているはずですから、一刻も早く転職するというのがベストな選択です。

今、あなたに読んでほしい記事

コツをおさえて転職成功!

転職活動を成功させるコツは、応募前の準備段階にあります。まず、職種や仕事内容、給与やボーナス、雇用形態や勤務形態など、自分が希望する条件を明確にします。次に、希望する条件に該当する求人を探して絞り込みを行い、1社ずつ丁寧にリサーチして希望条件と照らし合わせます。仕事と転職活動のバランスがうまく取れないということであれば、転職エージェントに相談をしてみましょう。そうすれば、無理なく転職活動を進めていくことができます。

この記事の続きを読む

特集記事

時世を表す「使い道」トップは預貯金 時世を表す「使い道」トップは預貯金

もらえる時期や額に違いのあるボーナスですが、どんな使い道があると思いますか?調べてみると、なんとなくこの時代の風潮も見えてきます。

ちゃんともらえる職場を見極めて!介護職のボーナス ちゃんともらえる職場を見極めて!介護職のボーナス

介護職のボーナス事情は、全体として見れば満足度があまり高くないようですが、しっかり探せば希望の額をもらうことだってできますよ!

革命を起こすより自分を変える 革命を起こすより自分を変える

今現在ボーナスをもらえていない人が手っ取り早く状況を変えるなら、「ボーナス出して!」と訴えるより、もらえる職場に転職するほうが合理的です。