経営規模がポイント、飲食業のボーナス

飲食店でボーナスをもらうために覚えておきたいポイントとは?

有名店や大手の飲食店はボーナスありの傾向

有名店や大手の飲食店はボーナスありの傾向

職業別のボーナス事情として今回ご紹介するのが「飲食業」です。ボーナスの時期になると、ある人からはもっと欲しいという声が聞こえてきますし、ない人からはあるだけいいじゃないかという声も聞こえてきますよね。では飲食業のボーナスはどうなのかというと、ボーナスどころか残業代すら出ないなんて声も聞こえてくるわけです。
求人広告などを見るとすぐわかるのですが、有名店や大手の飲食店はボーナスありのところが多いようです。一般企業のボーナスと同じく年に2回の賞与です。そう公言している以上、ボーナスは確実に支給されます。気をつけたいのが、給与が高そうに見える飲食店です。よくよく条件を確認すると、給与はそこそこの金額でもボーナスは一切なしというケースがあるから油断できません。ボーナスについて聞いても「その年によります」など答えがあいまいな場合などは要注意です。

小規模な飲食店はどうか

問題は小規模な飲食店です。個人経営とかいくつか店舗がある飲食店とか、そういうタイプの飲食店も数多くあります。絶対にそうだとまでは言い切れないものの、個人の飲食店はボーナスなしのところがほとんどです。ボーナスどころか社会保険すらないところもあるほどです。このようなお店で社員として働きたいと考えている人の多くは、いつか独立するために個人のお店で勉強させてもらうとか、そのお店で働きたいという特別な理由を持っている人です。
売り上げが好調ならば、小規模な飲食店でもビッグボーナスが支給されることがあります。ただし、成長が一時的なものであればそれも長続きしません。個人経営をはじめとする小規模な飲食店の場合は、基本的にボーナスはないか、あっても不安定であるという覚悟が必要です。

飲食店で満足のいく金額のボーナスをもらうには

飲食店でボーナスをしっかりもらうことが不可能というわけではありません。飲食業界はなんとなくボーナスが少なそうなイメージが強い業界ですが、上手に会社を選んで入社すれば満足のいく額のボーナスをゲットすることは可能です。成功のポイントは、店長やエリアマネージャー候補というキャリアが用意されている飲食店を選ぶことです。調理をする側なら料理長の座を狙うなど、とにかく上を目指す道がある飲食店を探しましょう。目指すものがあれば、大変な仕事でもやりがいを持って頑張り続けることができます。
飲食店の規模が小さくて、その先どこまで頑張ってもあまり変化がないということならば、ボーナスが期待できる飲食店へ早く転職するのもひとつの手です。

今、あなたに読んでほしい記事

コツをおさえて転職成功!

転職活動を成功させるコツは、応募前の準備段階にあります。まず、職種や仕事内容、給与やボーナス、雇用形態や勤務形態など、自分が希望する条件を明確にします。次に、希望する条件に該当する求人を探して絞り込みを行い、1社ずつ丁寧にリサーチして希望条件と照らし合わせます。仕事と転職活動のバランスがうまく取れないということであれば、転職エージェントに相談をしてみましょう。そうすれば、無理なく転職活動を進めていくことができます。

この記事の続きを読む

特集記事

時世を表す「使い道」トップは預貯金 時世を表す「使い道」トップは預貯金

もらえる時期や額に違いのあるボーナスですが、どんな使い道があると思いますか?調べてみると、なんとなくこの時代の風潮も見えてきます。

ちゃんともらえる職場を見極めて!介護職のボーナス ちゃんともらえる職場を見極めて!介護職のボーナス

介護職のボーナス事情は、全体として見れば満足度があまり高くないようですが、しっかり探せば希望の額をもらうことだってできますよ!

革命を起こすより自分を変える 革命を起こすより自分を変える

今現在ボーナスをもらえていない人が手っ取り早く状況を変えるなら、「ボーナス出して!」と訴えるより、もらえる職場に転職するほうが合理的です。